低級霊に注意!チャネリングの質を決めるチャネラーの人格

効果のあるチャネリングはココだ!当たる占いサイトランキング

無料占いでチャネリングを試す?

占い

低級霊に注意!チャネリングの質を決めるチャネラーの人格

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますよね。
近寄ってくる人たちは、自分とよく似ている部分があって、引き寄せられてくるのだと。

ですから、自分という人間がどのような者なのかを知りたければ、周囲を見渡せばすぐに分かるという意味です。

この言葉はチャネリングの世界にも通ずるところがあります。
チャネリングを受けるにしても、セルフチャネリングをするにしても、寄ってくる存在は、自分と周波数の合うもの(波動が似ていて気が合う)だからです。

チャネラーの人格に合った異次元の存在が、1番近くに寄り添って交信をしようとしてきますからね。

言い方が良くないかもしれませんが、同じようにチャネリングをしてもらっても、チャネラー自身に何か問題があるとすれば、結果に大きな影響がでてきます。

なぜなら、天使や神などの高次元な存在と交信したくても、チャネラーが放つ波動により、低級霊が引き寄せられて邪魔をしてくる可能性が高いからです。
気がつかないままチャネリングを続けてしまって、結局のところ、低級霊の呟きしかキャッチできなかったという残念なことも・・・。

問題なのは、チャネラーが自分自身で低級霊を引き寄せていることに、全く気がついていないところです。

むしろ自信満々で傲慢な場合が多く、チャネリング能力を過信しているような傾向があります。
日頃から低級霊と交信しているので、本人の想念もまた、歪んでしまったのかもしれません。

低級霊が近づいていると認識して、区別ができるのは、きちんと人格形成を伴ったチャネラーだけです。
そのような人こそ真のチャネラーであり、他人のチャネリングをするに値する人物だといえるでしょう。

ただ、素人ではその見極めをすることが難しくて、とりあえずチャネラーと自称している人のもとに訪れてしまうわけです。
表現の仕方が悪いかもしれませんが、場合によっては、チャネラーの人格によって「チャネリングの質」が悪くなることもあるのです。

相談した人が、やらなければ良かったと後悔させるようなメッセージを伝えたりするので、世の中の評価を下げてしまうことに繋がります。

真面目に真剣に取り組んでいるチャネラーにとって、このような存在は迷惑であり、人のためにならないチャネリングなら控えてほしいと考えているはずです。

ですから、チャネリングをしようと考えているなら、まずはネットの口コミをよく調べてください。
できるだけたくさんの情報を仕入れて、定評のあるチャネラーを探したほうが良いと思います。

低級霊を引き寄せて、相談者を混乱させるチャネラーは、いずれ力を失って誰からも頼られなくなっていきます。
異次元の存在を崇拝し、謙虚な気持ちをもっている人格者だけが、定評のあるチャネラーとして存続していくのだと思いますよ。

くれぐれも、的中率や外見的なもので判断せずに、体験した多くの人たちの声を参考にして、じっくりと検討するようにしてくださいね。

QLOOKアクセス解析