チャネリングの歴史と人を魅了する理由

効果のあるチャネリングはココだ!当たる占いサイトランキング

無料占いでチャネリングを試す?

占い

チャネリングの歴史と人を魅了する理由

チャネリングには歴史があり、日本でヒットしたきっかけは「バシャール」の存在が知られたことです。
米国から、ダリル・アンカというチャネラーが来日してバシャールをチャネリングする方法を伝えました。

そこから爆発的に人気がでて、不思議な存在との交信を行い、自らの内なる力の根源を知ろうとする人が増加したのです。

バシャールとは宇宙存在であり、オリオン星近くの惑星「エササニ」の宇宙船操縦士であるといわれています。
といっても、人間ではない高次元の存在で、チャネリングの話になると、必ずでてくるキーワードなのです。

世間にチャネリングを広く知らしめたバシャールの存在は、誰もが知っているけれど、その実態は未だ謎だらけで解明されていません。  
バシャールのチャネラーとして有名なのは、ダリル・アンカですが、実はは他にも多く存在しています 
チャネリング人気が絶頂期にあった1990年代、バシャールをチャネリングするチャネラーは、日本にもいました。

関野あやこの「あやこバシャール」竹原小百合の「小百合バシャール」が有名になり、それぞれがチャネリングセッション活動を頻繁に行っていたようです。 
今でも竹原小百合の「小百合バシャール」は活動中で、その教えに共感している人もたくさんいます。
 
竹原小百合は、ダリル・アンカのセッションに参加したとき、突然意識を失って倒れたそうです。
その後は、フルトランス状態でバシャールをチャネリングするようになりました。
 
このような事件(?)も話題となり、ますますチャネリングの世界に興味をもつ人たちが増加していったのです。
そして「バシャール・チャネラー」を目指して、ダリル・アンカのセッション活動に、積極的に参加する人もたくさんいたようですね。

もっと深く歴史を探ると、人類が誕生してから、このチャネラーのカテゴリーで、歴史上で名を残している人が大勢います。
最も古いのはキリスト教の預言者、日本では額田王などで知られている巫女、恐山のイタコも同じカテゴリですし、日月神示の岡本天明なども当てはまります。

そして、海外の元祖チャネラーは、1963年、ニューヨーク州エルミラのアパートで「セス」をチャネリングした「ジェーン・ロバーツ」も有名です。

その後、ジェーン・ロバーツに弟子入りした人たちが、彼女の教えを広めていって、1970年代にアメリカでチャネリングという言葉が浸透しはじめたいうことです。
現在の日本では、一時に比べればチャネリングブームに落ち着きをみせたものの、まだまだ人気があって、ネットサイトやブログで色々な情報が交換されています。

バシャールにしても、セスにしても、日本に伝わってきた時点から、それぞれがチャネリングに対しての意識が違うので、解釈も全く変わったものになっています。
もともと存在すら証明できないものですし、チャネリング方法もさまざまなので、一定の答えにとどまることはありませんね。

霊能力者だけしか使えない方法だとか、もともとそんな現象があるわけないとか、限定されたり否定されたり、常に意見がまとまりません。
まあ、諸説ありますが、チャネリングはいつでも人々の心を惹きつけるものであり、注目され続けていることだと考えてください。

スピリチュアルでもなく、オカルトでもない、どちらともハッキリ分類することができないチャネリング。
ですが、人の心に癒しや気づきを与える効果があるからこそ、その存在が今でもずっと残っているのだと思います。

QLOOKアクセス解析