チャネリングに必要なチャクラの意味と活性化について

効果のあるチャネリングはココだ!当たる占いサイトランキング

無料占いでチャネリングを試す?

占い

チャネリングに必要なチャクラの意味と活性化について

チャネリングとは、目には見えない高次元の霊魂や、神、天使などと交信することを意味しています。

交信できる人のことをチャネラーと呼び、普通の人には見えないもの、聴こえないものを感じ取ります。
そして、過去や現在、未来に起こることなどの、さまざまな情報を収集して、相手に必要なメッセージを伝えるのがチャネリングです。

ところで「チャクラ」という言葉をご存知でしょうか?
サンスクリット語で「車輪」という意味を表しています。

これは、人がもともと持っている、エネルギーのポイントのことです。
背骨の下あたりから、頭頂部にかけて存在している「身体をめぐるエネルギー」と言われています。

このチャクラといわれる「気」の流れは、目に見えない「オーラ」となって、人の全身を取りかこんでいます。

身体には、大きく分けて7つのチャクラが存在しています。

身体の部位によって、チャクラと心は深い繋がりを示しています。
なので、チャクラをケアすることで、心身のバランスを調整することができるのです。

ここで、それぞれのチャクラの呼び方と、精神的な影響力についてまとめてみます。


第1チャクラ「ムーラダーラ」→「「生命、生存、情熱、行動力」(肛門あたり)

第2チャクラ「スヴァーディスタナ」→「感受性、創造性、信頼、情緒のバランス」(丹田)

第3チャクラ「マニプラチャクラ」→「自信、自我、不安、尊厳、個人の意見」(おへそ)

第4チャクラ「アナハタラチャクラ」→「愛情、許し、希望、感情」(胸部)

第5チャクラ「ビシュタチャクラ」→「コミュニケーション、自己表現力」(甲状腺)

第6チャクラ「アジナチャクラ」→「直感、知恵」(眉間)

第7チャクラ「サハスラーラチャクラ」→「奉仕、霊的」(頭頂部)


このように、7つのチャクラに分けることができます。
これらを活性化させることで、身体をめぐるエネルギーが大きくなり、体調が良くなったり、潜在的なパワーを呼び覚ますことができるといわれています。

ポイントは、自然界に触れることですね。
裸足で草原を歩いたり、寝転がったりして、自然の偉大なエネルギーを、全身で感じとることが大切です。

そうすれば、本来持って生まれたこのチャクラが覚醒活性化し、心身のバランスを調整することができるのです。
チャネリングは、それぞれのチャクラがどれくら活動しているかを確認することもできます。

普段からすべてのチャクラがバランスよく保てるように、自然と触れ合う機会をつくってくださいね。
QLOOKアクセス解析