チャネリングとリーディングの相互作用について

効果のあるチャネリングはココだ!当たる占いサイトランキング

無料占いでチャネリングを試す?

占い

チャネリングとリーディングの相互作用について

チャネリングは、普通では考えられない異次元の存在と交信し、何らかのメッセージを受け取るもの。
受け取り方は人それぞれで、明確な言葉かもしれないし、その人にだけ見えるビジョンかもしれません。

でも、チャネリングとリーディングは深く繋がりがあり、リーディングする能力がなければ、メッセージが受け取れないと感じている人も多いようです。

では、チャネリングとリーディングの違いというのは、一体どこにあるのでしょうか。
そして、リーディング能力がなければ、本当にチャネリングは無意味になってしまうのか考えてみましょう。

まずは、チャネリングとリーディングの違いについて説明します。

チャネリングは、文字通り、エネルギー体と心をやりとりする方法で、何かメッセージを受け取ることを意味しています。
フルトランス方法を使うと、チャネラーが自分の身体を空け渡す方法でエネルギー体と接触するので、危険性が伴います。

危険が少ないのは、自分の意志を持ったままのコンシャス方法で、現在のチャネリングのほとんどがこの方法で行われています。
初心者なのであれば、最初は必ずこの方法から始めることをオススメします。

接続する相手は、宇宙人、天使、神、ハイヤーセルフ、守護霊、その他の霊魂です。

人によって縁のある存在も違いますし、霊感が強いかどうかも交信に影響が及んでくることもあります。
それから「神のお告げ」系のメッセージを受け取るのが得意な人もいれば、霊魂の声を聞くのが得意という人もいます。

次に、リーディングについてですが、これは霊感が強いほうが得意な人が多く、情報を読んでいく方法になります。

過去生リーディングや守護霊リーディングなどがあって、リーディングしながら、チャネリングする相手が見つかることもあるとか。
なので、どのような存在が周囲にいるのかを感じるためにも、チャネリングする人には、リーディング能力があったほうが便利ですね。

また、繋いでいる相手の素性を感じ取ったり、チャクラバランスやオーラの色を知ることもできます。

チャネリングでも、チャクラの覚醒を活性化させることでバランスが整いやすくなります。
リーディング能力が高ければ、そちらも確認しつつ、意識レベルの上昇に集中させることができますね。

なのでやはり、リーディング能力があったほうが、相手の心の内側の変化に気づき、より多くの情報量を得ることができると思います。

とはいえ、チャネリングとリーディングは、基本的には別なので、どちらか一方だけという人もいます。

それでも、繋がりが深いものですから、どちらもやっている間に上達していく可能性も十分に考えられます。
チャクラのように、ひとつ覚醒すると、次のも順に活性化されていくように、リーディング能力も意識して使うようにすれば、ある程度まで伸びると思います。

まとめると、チャネリングに必ずしもリーディングは必要ないということです。
鍛錬すれば伸びしろはあるということで、続けていくうちに、良い相互作用が生まれるのではないかと思います。

QLOOKアクセス解析